ブラッシングの指導

歯ブラシと歯磨き粉

医療福祉歯科専門学校といっても介護福祉科と歯科衛生士科があるということで、卒業と同時に二つの資格が取得できるのではありません。これは注意しておきたい点です。ただし、歯科は幼児から高齢者まで必要としている分野です。したがって、医療福祉の面でも頼りにしているのが歯科衛生士なのです。衛生士科医院や学校の検診だけではなく、企業でも必要とされています。その他には美容歯科もあります。高齢者の福祉施設でも歯科衛生士は必要不可欠なのです。なぜかというと、高齢者はなかなか医院へは行くことが出来ず、虫歯や入れ歯の具合が悪くなっても気付くのが遅くなりがちです。そこで、口腔ケアのサポートや検診、歯に大切さを教えたりするのです。

歯の大切さを知ってもらう為に、高齢者施設でも重要視されています。自分の歯で上手に食べることができるように歯磨きの仕方や口の中を清潔に保つことを教える際に、高齢者へのサポートも覚えておくと良いです。また、有病者や障碍者への対応の仕方も変わってきますので、少しでも知識があると対応がしやすくなります。信頼度も上がってきますので、お勧めです。技術や知識に加えて、気遣いも重要となってきます。コミュニケーション能力を高めておくと幅広い年齢層を対手にする仕事となりますので、有利になります。先輩衛生士からの情報も得て、自分にあった就職先を選ぶことが大切です。何事も吸収することを忘れることなく、取り組むと良いですね。