歯周病の恐怖

治療中の医者2人

歯の健康を維持するためには、毎日の歯磨きを中心としたセルフケアが大切であることは言うまでもありません。ただ、それと同じくらい重要なのが、歯科医院で定期的にケアを受けることです。というのも、よく「磨いていると磨けているは違う」と言われるように、セルフケアが本当に正しく、効果的なものになっているかどうかは専門家にチェックしてもらわないと自分ではなかなか分からないことだからです。それと同時に、歯科医院では自宅では決してできないような専門機関ならではの方法で歯をきれいにしたり丈夫にしたりする技術を用いています。悪くなってから行くばかりが歯医者さんではありません。悪くならないために行くというのも、歯医者さんとの正しい付き合い方の1つです。

歯科医院で行う専門的なケアは、通常は予防歯科という診療科目の下に行われています。これは文字通り虫歯や歯周病を予防するために必要な施術を行うというものです。まず基本となるのは、現在の歯の状態をチェックすることです。歯の健康がきちんと保たれているかどうかを入念に調べます。もし少しでも悪い兆候が見つかれば、初期のうちに治療することで負担を軽くすることができます。また、自宅ではできない特別なクリーニングを行います。これはPMTCというもので、通常の歯磨きではどうしても磨き残してしまう歯の間や歯周ポケットと呼ばれる部分などを、専用の機器を用いてきれいにします。他には歯の表面にフッ素を塗るというサービスもあります。フッ素は歯の再石灰化を促すとともに、酸にも溶けにくい丈夫な歯を作るのに役立ちます。